RGW   

リズムパターン例

2003-8 , 2008-7-12更新

§ ▼8th Feel16th Feel6/8 R&BShuffleHalf Time ShuffleSwing

私もそうでしたが初心者の方は「とりあえずすぐに曲を演奏したい」というミーハーな欲求があると思います。本来このページに紹介したリズムパターンと称される符例はルーディメンツ的基礎を修得したのちに取りかかるべきものです。が、やはりミーハーな欲望といえども「良いパフォーマンスをしたい」という動機のひとつですからあえて具体的なプレイを取り上げてみました。まずは観るだけの参考ということで…。いきなり最初からパターンに取り組んで妙な癖を付けないよう、くれぐれも気をつけて下さい。

当然ここでも挙げてあるものはあくまで一例です。これが絶対ではないので「リズムパターン」とはグルーブを生み出すベーシックアクセント位置の指標とでも考えておきましょう。とりあえず参考ということですが、ゆくゆくは必要な情報と思いますので解説についてはかなり突っ込んであります。初心者の方には謎だらけの説明とは思いますが最初は理解できなくても大丈夫ですので安心して下さい。

※このページからは独自ローカルの「Step表記ドラム譜(手順や強弱も明示)」なるものを使用しています。やや判りにくいですがご理解下さい。※掲載MIDIファイルはローカル保存推奨、DAWなどで開きベロシティ等研究してみることを是非お勧めします。


■ §1. 8th Feel Funk

§§ ▼8th Feel Funk、基本のリズムパターン【バリエーション】:フロア刻みのエイトビート【バリエーション】:ハット4分刻みのエイトビートアプローチスタンスとオーケストレーション方法その他、楽曲スタイルごとの派生型バリエーション(オールディーズ、SD4発、ツーバスHR/HM、シェイク?)

● 1-1. 8th Feel Funk、基本のリズムパターン

≫ Example MIDI File 「rgmd01exp018th128.mid」 (SMF0, GM, Tempo128, 3.14KB)

Score

Step Score : 8th feel
▼ 【4/4拍子、1step=8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH or RC etc.
左手 SD
右足 BD
左足 HH (All Close)
|●○●○●○●○|…
|__●___●_|…
|●___●___|…
|________|…

ロック系でおなじみの日本語訳「エイトビート」です。8分のタイミングを骨格としているファンクフィールなのでこう呼びます。右手はHHまたはRC、左手はSD2,4拍をプレイするのがもっとも一般的です。HHを刻む場合、周知の如く腕は交差になりますが慣れれば問題ありません。ショットの基本ができていれば特に苦も無いはずです。これについてはじつのところ左右反対もお勧めなのですが…。SDのバックビート(2,4拍)はつねにセミアクセントショットといって良いでしょう。

● 1-2. 【バリエーション】:フロア刻みのエイトビート

アーシーなサウンドを得るためにHHの刻みをFTに移す場合もあります。

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 FT
左手 SD or TT etc.
右足 BD
左足 HH pedal
|●○●○●○●○|…
|__●___●_|…
|●___●___|…
|_○_○_○_○|…

刻みがHHでない場合左足アクションが開放されるので上記のようにHHフット音が使えます。HHフット音は4分の2,4とか8分の2,4,6,8に入れたりしてこれも曲フィールや欲しいサウンドにより自由に使います。ややオプション編としてミディアム以下のテンポなどでは左足HHフットのみで8分をすべて刻み、他フレーズのため (ごくたまにはスナッピーオンオフやPAへの合図や汗拭きや楽譜めくりやスティック拾いやドリンクを飲むため) に右手を開放することもよくあります。

● 1-3. 【バリエーション】:ハット4分刻みのエイトビート

さらにハードなフィールを得たりBassラインを目立たせるためだったりその理由は色々ですが「シャーシャー」とハーフオープン4分でHHを切ってしまうことも多く行われます。

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH Half Open
左手 SD
右足 BD
左足 HH (Keep Half Open)
|●_●_●_●_|…
|__●___●_|…
|●___●___|…
|________|…

また周知のように、反対に16分を刻んでしまってもディープパープル「Smoke on the Water」などに代表されるフィールはエイトビートです。刻みパルスの表面上の音形ではなくメロラインやアレンジによりそのアクセント位置に起因してフィールが決定されていることに注意しておきましょう。まあこれは実際のところ歌ってみて「なんとなく8分パルス(アクセント)がしっくりくる」といった程度で判断しますが…。もちろん細かいレベルではその曲ごとにスタイル分けなど無用な最適なドラミングがあろうことはいうまでもありません。

● 1-4. アプローチスタンスとオーケストレーション方法

素人レベルで良く勘違いされていると思うのですがリズムはドラムが最初に決定しているのではありません。曲に沿ったリズムを補強している側なのがドラムであって、この掟をはずしてしまう場合が「センスの無い」ドラミングということになると思います。DrmやPercのまったく入っていない演奏などでもそこにはグルーブが存在します。同様に曲中の全楽器タセット(ブレイクで無音になる部分)にもグルーブは流れています。フレーズの引き出しを増やしいつでも瞬時にフィール把握&対応できるよう、いろんな演奏を聴き込んで耳を鍛えておきましょう。

エイトビートではSDが2,4拍メインをつねにキープするのが多いのに比べBDを入れる位置はベースラインや曲フィールによりかなり多くのバリエーションが存在します。というよりBDの位置で各曲ごとのフィールを表現し分けてゆく場合が多いといった感じです。Rock系音楽に於いては

  • HHはGtカッティング等の刻み系ウワモノをフォロー、
  • BDはBassラインのアタックフォローとダウンビート位置(1,3拍)の明確化、
  • SDはアップビート位置(2,4拍)の明確化、

というのがオーケストレート(楽曲色付け)の基本コンセプトだと思います。俗に最も簡単なのがエイトビートであるとの通説ですがそれだけに極めるのも最高難度になることでしょう。常に念頭におく大前提として、同じエイトビート音形でも楽曲ごとやアンサンブルユニット(バンドメンバー)次第でフィーリングが大幅に変化することを理解しておきましょう。

≫ HH刻み関連解説「アップダウンテクニック」≫ SD関連解説「オープンリムショット」≫ 4Way的練習解説


● 1-5. その他、楽曲スタイルごとの派生型バリエーション

マクロ視点的楽曲スタイルごとのエイトビート派生型パターンの一例をすこし挙げておきます。

§§§ ▼オールディーズSD4発ツーバスHR/HM最近よくあるSDフェイク系

● USA系オールディーズなどにある一例

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●○●○●○●○|●○●○●○●○|…
|__●●__●_|__●●__●_|…
|●___●●_○|●●__○●__|…
|________|________|…

オールディーズで一括るのはやや強引ですが、ベンチャーズ、エルビスなどのリーゼントやキャデラックの匂いがするような白人系オールディーズでよく聴かれるものです。SD 2発が特徴的といえます。この2発部分は2拍位置と4拍位置どちらもあったりして曲ごとに動きます。Rock的ビートがまだ成熟してなかった頃の音楽なので、この手のアプローチは「イナタい」感じがポイントといえるでしょう。モータウンの一部でも聴かれたりしますが気分は猛烈に白人です。

● SD 4発モノの一例

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●○●○●○●○|●○●○●○●○|…
|●_●_●_●_|●_●_●_●_|…
|●__○_○_○|●●_○_○_○|…
|________|________|…

ジャンル問わず4拍強調で良く使われます。フィールが黒めのものでは、それこそオーティスなどにもみられるモータウン、ソウル系エイトファンクの一部がこの典型な感じというところでしょうか。しかしまあこのSD4発型は特に決まったジャンルで多用されるという訳でもなく、盛り上げ部などで頻繁に使われるバリエーションのひとつといえます。

● ツーバスHR,HMの一例

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH op or RC
左手 SD
右足 BD (R)
左足 BD (L)
|●_○_●_○_●_○_●_○_|…
|____●_______●___|…
|●_●_●_●_●_●_●_●_|…
|_●_●_●_●_●_●_●_●|…

ツインペダルもしくはツインバス仕様でのパターンです。比較的メジャーなので多くの説明は不要でしょう。私は単なる癖でこれを左足スタートというある意味邪道な足順でプレイしていますが、様式に拘らなければどちらでも良いと思います。またどちらでも出来るように練習しておくことをお薦めします。

● 最近よくあるSDフェイク系の一例

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH (◆=Open)
左手 SD
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|●_○_●_○_●_◆_●_○_|…
|____●__○_○__●___|…
|●_●_______●_____|…
|__________◆_○___|…

オルタナなど最近系の混沌としたカテゴリーでみられるパターンでシェイクとも呼ばれるようです。DC GoGoやヒップホップなどに通じるブラックなテイストも微妙にあります。ドラムンベースなどはこの手のダブルタイム派生型と考えて良いでしょう。'60〜'70頃からのもともとのリズムはもう少しファンク寄りであってエイトビート然としたフィールのパターンではなく、現代のものは打込みやループサンプ全盛の影響でドラム部分だけがリスペクト的に組み込まれ広まってしまった感があります。近年8thフィール系への導入もみられるのであえて例として取り上げてみましたが、これをエイトビートと呼べるかは微妙です。


■ §2. 16th Feel Funk

§§ ▼16th Feel Funk 基本のリズムパターン【バリエーション】:シングル(ハンド)16ビート【バリエーション】:16分をすべてHHで切らずに8分HHを基準に組み立てる場合16分系のオーケストレーション方法その他、楽曲スタイルごとの派生型バリエーション(「イーブンなレガート」的刻み、BD 2,4 パターン、オープンHHウラ打ちのディスコ系、パラディドル的パターン)

● 2-1. 16th Feel Funk 基本のリズムパターン

≫ Example MIDI File 「rgmd01exp0216th108.mid」 (SMF0, GM, Tempo108, 5.19KB)

Score

Step Score : 16th feel
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH
左手 HH
右手 SD
右足 BD
左足 HH (All Close)
|●_○___○_●_○___○_|…
|_○_○_○_○_○_○_○_○|…
|____●_______●___|…
|●______●__●____○|…
|________________|…

こちらはコンテンポラリー系に多い「十六ビート」と呼ばれる16分フィールのパターン例です。お判りのように読んで字の如く16分アクセントの感じられるフィールのことを指します。バンド現場でよく「シクスティーンで演って…」とか「じゅうろくの感じが…」とか言ってやり取りしているのはこのフィールのことを指しています。

上例のように16分音符すべてをHHで刻む場合には、右手はHHオモテ拍とSD2,4、左手はHHウラ拍をオルタネート(交互)でプレイするのが基本になります。当然ながらここで挙げてある各譜例のHHオープン位置、BD位置などはあくまで一例ですので曲ごとに適宜対応させて下さい(以下もすべて同様)。

● 2-2. 【バリエーション】:シングル(ハンド)16ビート

またミディアム以下のテンポなどではHHを右手のみで刻んで左手はSDという奏法(シングル16ビート)もよく行われます。波的なうねりがより前面に出るためHHの刻みに曲フィールを支配させたいときには有効です。

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH (◆=Open)
左手 SD
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|●◎○◎●◎○◎●◎○◎●◎○◆|●…
|____●_______●___|_…
|●______○●_______|●…
|_______________◆|○…

● 2-3. 【バリエーション】:16分をすべてHHで切らずに8分HHを基準に組み立てる場合

右手のHHが16分をすべてきらずに8分でプレイする場合などは左手SDゴーストノート(音量のごく小さいタップ音) を使うことも多くなります。この感じのアプローチは歌モノやロック、ファンクなどでは非常に使い勝手が良く、ドラマーとしては習熟必須な部類だと思います。

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH (◆=Open)
左手 SD
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|●_○_●_○_●_◆_●_○_|…
|_◎◎_●◎_◎_○__●◎_○|…
|●__○___●__●__○__|…
|__________◆_○___|…

● 2-4. 16分系のオーケストレーション方法

エイトビート系にも増して16分系ではカッティングGtなどの上モノとHH&SDゴーストの絡みはよりシビアになり歌心のあるアプローチが要求されると思います。楽曲中この細分化されたパルスの表現はGt以外にもPfやオルガンその他が担う場合も多く、ドラムでのプッシュ方法もその時々で微妙に異なってきます。スラップBassが多用される場合には隙間をBDやゴーストで適度に埋めつつBassとの重なりも多すぎずといったような音の個性に合わせた処理が必要です。

別に16ビートに限ったことではありませんが、要は他楽器の音にどう反応しどう強調するかがドラマーにとっての至上命題ですからパルスが複雑化されるほど選択肢が拡がりプッシュ術にも感性が問われます。他楽器を殺してしまうことなく全体サウンドを増幅させられるようセンスある耳を鍛えておきましょう。

≫ 4Way的練習関連解説はこちら

● 2-5. その他、楽曲スタイルごとの派生型バリエーション

実戦でよく使うと思われるマクロ視点的バリエーションをすこし挙げておきます。

§§§ ▼「イーブンなレガート」的刻みBD 2,4 パターンオープンHHウラ打ちのディスコ系パラディドル的パターン

● 「イーブンなレガート」的刻み

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 RC or HH
左手 SD
右足 BD
左足 HH pedal
|●_○○●_○○●_○○●_○○|…
|____●_______●___|…
|●__○______●__○__|…
|__○___○___○___○_|…

シングル16派生型といったところですがより速いテンポで使えます。この感じは応用範囲も広く、歌モノではよくみられるアプローチです。刻みもこれだけでなく「●○○_」やカップ(◆)を交えて「◆_○○」とか「○○◆_」などにできますし、HHでも同様に◆をオープンとして対応させるバリエーションがあります。さらにSDゴーストなども適宜使用してみましょう。

● BD 2,4 パターン

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH
左手 HH
   SD
右足 BD
左足 HH
|●_○_●_○_●_○_●_○_|…
|_○_○_○_○_○_○_○_○|…
|________________|…
|____●_______●___|…
|________________|…

特に変わったところもないHH刻みにBDを入れたものですが、なかなか簡単かつ美味しい音形で多方面で頻繁に使用されています。イントロ部、インタールード部、Bassソロバッキング、MCのバッキングヴァンプなど、全体バンドサウンドであるがややおとなしいアプローチを要求される場合にひじょうに重宝します。譜例でベタ打ち表記にしてあるHHは当然必要に応じ適宜歌わせます。

こういった前面に出て目立つ場合のHHは部分的に32分ダブルに変化させるなどの色付けをすると効果的で、実際に実戦での使用ではロール系ルーディメンツ音形を交えて歌わせる

▼ 【1step=32分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH (◆open)
左手 HH
|●___◎◎__●___○___○◎__◎◎__◎◎__◆___|
|__◎◎__◎◎__○___●___◎◎__◎◎__◎◎____|

ことも多いと思います。このビートをベースにしたバリエーションも多数ですのでいろんな演奏を聴いて研究してみて下さい。

● オープンHHウラ打ちのディスコ系

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH (◆=Open)
左手 SD
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|○_◆_○_◆_○_◆_○_◆_|…
|____●_______●___|…
|●___●___●___●___|…
|○_◆_○_◆_○_◆_○_◆_|…

'70ディスコやユーロなどではこれをベースにしたビートがよくみられます。音形から判るように16分系だけでなく8分モノにも応用可能です。BDやSDのバリエーションで様々な対応ができるでしょう。また、この感じでHHをオープンさせずクローズのままアクセントをウラに置いたパターンもよくあります。

ディスコ系からは感じが外れますがHHオープン位置をひっくり返したもの、

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH (◆=Open)
左手 SD
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|◆_○_◆_○_◆_○_◆_○_|…
|____●_______●___|…
|●__○___●__●_____|…
|◆_○_◆_○_◆_○_◆_○_|…

などはジャンル問わず盛り上げ部で重宝します。

● パラディドル的パターン

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 RC
左手 HH (◆=Open)
左手 SD
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|●_◎◎_○◎_●_○◎_◎◎_|…
|_○_____◆_◆_____○|…
|____●_______●___|…
|●__○___○_○______|…
|_______◆○◆○_____|…

フュージョンでは昔よく見られた歌モノ系には割と乗せにくいパターンです。この感じはすでに現在では古臭くなってしまったので曲中の部分的、限定的に使用する場合が殆どだとは思います。…参考までに。


■ §3. 6/8 Rhythm & Blues

§§ ▼6/8 R&B 基本のリズムパターン【バリエーション】:3連8分音符のひとつをさらに2つに細分化する場合【バリエーション】:3連8分音符のひとつをさらに3つに細分化する場合

● 3-1. 6/8 R&B 基本のリズムパターン

≫ Example MIDI File 「rgmd01exp0386b96.mid」 (SMF0, GM, Tempo96, 4.33KB)

Score

Step Score : 6/8 R&B
▼ 【4/4拍子、1step=3連8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●○○●○○●○○●○○|…
|___●_____●__|…
|●____○●_○__○|…
|____________|…

R&B 3連系の代表格です。3連をすべて刻む譜例の感じはミディアムからスローのテンポでよくみられます。エイトビート同様に右手はHH、左手はSDで問題ありません。6/8の通称ですが12/8や4/4表記も多く記述はテンポやコンポーザーの意図によりまちまちだと思います。「ダウンビート、アップビート、ダウンビート、アップビート」のひとまとめで4/4の1小節と感じてプレイすれば問題ないでしょう。またスローテンポでは基本パルスである8分音符(3連8分音符)の更なる細分化にもいくつか種類があります。

● 3-2. 【バリエーション】:3連8分音符のひとつをさらに2つに細分化する場合

3連8分音符のひとつをさらに2つに細分化してイーブンなうねりを出す場合の例です。

Step Score :
▼ ※ 1拍を6つに細分化 【4/4拍子、1step=3連16分音符(=24分音符)】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●_○○○_●_○○○_●_○○○_●_○○○_|…
|______●___________●_____|…
|●_________○_●____○____○_|…
|________________________|…

● 3-3. 【バリエーション】:3連8分音符のひとつをさらに3つに細分化する場合

3つに細分化してハーフタイムシャッフル的フィールを得る場合の例です。

Step Score :
▼ ※ 1拍を9つに細分化 【4/4拍子、1step=1拍9連音符(=36分音符)】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●_◎○_◎○_◎●_◎○_◎○_◎●_◎○_◎○_◎●_◎○_◎○_◎|…
|_◎__◎__◎_●◎__◎__◎__◎__◎__◎_●◎__◎__◎_|…
|●_______○______○__●_______○__●__○●__|…
|____________________________________|…

(上記は譜面の現場では下の様に「4分1拍を=3/4の1小節」とみなして表記する場合が多いと思われる)、

Score

またさらにその中間のフィールで「やや跳ね気味」なスウィング的細分化をする場合などのバリエーションなどなどがあります。


■ §4. Shuffle

§§ ▼Shuffle 基本のリズムパターン【バリエーション】:HR&HMでよくあるファーストテンポのブギ

● 4-1. Shuffle 基本のリズムパターン

≫ Example MIDI File 「rgmd01exp04sfl168.mid」 (SMF0, GM, Tempo168, 3.46KB)

Score(※譜例は下表の前半のみ)

Step Score : Shuffle
▼ 【4/4拍子、1step=3連8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●_○●_○●_○●_○|●_○●_○●_○●_○|…
|___●_____●__|___●_____●__|…
|●_____●_○__●|__○_____●__○|…
|____________|____________|…

ロックもので多く見られるタイプの3連系です。通常HH,RCなどの刻みは片手で行います。シャッフルといわれる曲の「刻み」ではこのとき3連音符すべてを演奏しないで、中抜きでバウンスさせる場合のほうが多くなると思います。さらにSDゴーストノートもよく使用されます。シャッフルの場合マクロ視点での「跳ね具合」はほぼ均等3連割りになり曲やテンポにより微妙に違っている程度といえるでしょう。スウィングでみられるイーブンと3連の中間的跳ね具合を求められる場合などはごく希にしか無いと思います。

≫ シャッフル、ハーフタイムシャッフル関連解説

● 4-2. 【バリエーション】:HR&HMでよくあるファーストテンポのブギ

シャッフルのバリエーションの1つにはツインバスを使ったファーストテンポでのブギがあります。

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=3連8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD (R)
左足 BD (L)
|●__●_○●__●_○|…
|_◎_●_◎_◎_●_◎|…
|●__●__●__●__|…
|__○__○__○__○|…

■ §5. Half Time Shuffle , Shuffle Funk

§§ ▼Half Time Shuffle 基本のリズムパターン【バリエーション】:シャッフルファンク

● 5-1. Half Time Shuffle 基本のリズムパターン

≫ Example MIDI File 「rgmd01exp05htsf90.mid」 (SMF0, GM, Tempo90, 4.49KB)

Score

Step Score : Half Time Shuffle
▼ 【4/4拍子、1step=3連16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●_○○_○●_○○_○●_○○_○●_○○_○|…
|_◎__◎_●◎__◎__◎__◎_●◎__◎_|…
|●____○_____●___●____○__○|…
|________________________|…

別名16ビートシャッフル。16ビートをバウンスさせた感じです。テンポにも依りますがSDゴーストを入れる頻度は高くなります。HH,RCの刻みも大概は片手処理です。アプローチはシャッフルと大差ありませんが流れるようなより大きいタイム感を必要とするでしょう。

● 5-2. 【バリエーション】:シャッフルファンク

またTempo=100程度以上の速いテンポの曲でみられるものでは下に挙げたようなシンバルレガートの刻みに近い一例があり、シャッフルファンクとも呼ばれるようです。これを完全6割りにしないでスウィングっぽい中間的跳ね具合で演奏する場合などもよくあります。

Score

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=3連16分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/◎=Ghost/_=Rest〕

右手 HH or RC
左手 SD
右足 BD
左足 HH
|●__○_◎●__○_◎●__○_◎●__○_◎|…
|______●___________●_____|…
|●____○___○_●___●____○___|…
|________________________|…

≫ シャッフル、ハーフタイムシャッフル関連解説


■ §6. Swing Feel Jazz

§§ ▼Swing Feel 基本のリズムパターン【バリエーション】:HHレガートのパターンジャズ系アンサンブルでの演奏アプローチ

● 6-1. Swing Feel 基本のリズムパターン

≫ Example MIDI File 「rgmd01exp06swg112.mid」 (SMF0, GM, Tempo112, 4.69KB)

Score

Step Score : Swing
▼ 【4/4拍子、1step=3連8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 RC
左手 SD etc.
右足 BD
左足 HH pedal
|●__●_○●__●_○|…
|____________|…
|____________|…
|___○_____○__|…

俗に「4ビート」「スウィング」と呼ばれるのがこれです。このテのオーソドックスな突っ込み気味のノリのことをストレートアヘッドと言ったりします。だいたいは右手RC、左手SDその他のオカズなど、でプレイされます。右手RCの刻みはシンバルレガートと呼ばれ、同じ音形が時折HHで演奏されたりもします。基本的には3連フィールですがアップテンポではイーブン(全く跳ねない)に近く、スローではほぼ完全3連に、と具体的音形がその時々で変化するというつかみどころのないパターンです。

曲の4分基調パルスはレガートが担当し、2,4アップビートはHHフットクローズで強調したりします。SD,BD,TTなどは「合いの手」系フィルとその他アクセントや色付け処理です。ベースラインとタッグを組むのは右手レガートになりベース音の輪郭と突っ込み感をフォローします。またJazzでは例外が非常に多く体系的には語れないのが実際で、この一応挙げてみたリズムパターンもあって無きが如しです。HHフット4分切りや4分のみレガート、アンティシ(シンコペ)多用レガートも平気で行われます。

● 6-2. 【バリエーション】:HHレガートのパターン

パターン的バリエーションとしては、上述のレガートをHHに移すとかがやはり代表的といえるでしょうか。HHオープンを派手に絡めた場合フレーズが耳に残りやすくなるのでテーマやセクション部などキャッチーさを必要とするところで使われたりします。

Step Score :
▼ 【4/4拍子、1step=3連8分音符】 〔●=Accent/○=Non Accent/_=Rest〕

右手 HH (◆=Open)
左手 SD etc.
右足 BD
左足 HH (◆=Open)
|◆__●_○◆__●_○|…
|____________|…
|____________|…
|◆__○__◆__○__|…

● 6-3. ジャズ系アンサンブルでの演奏アプローチ

Rockではドラムの上にベースが乗っかっている感覚ですがJazzではそれが逆転していて基本としてはベースの上空で音を紡ぎ出してゆく場合が圧倒的です。しかしことJazz系ではプレイヤー間の音での位置関係が流動的で、曲の部分部分でドラムがBassやPfの役割とコロコロ入れ替わります。Rockやクラシックなどでの安定感のある腹芸的アプローチはJazzでは全く通用しないといえるでしょう。音での会話が最優先なので対応には当然耳のセンスも重要ですし聡明でオープンな人間性も不可欠だと思います。この音会話前提である4ビート系演奏では全体オーケストレートを常に押さえつつ前に出たり引っ込んだり時には完全消音してみたりという柔軟な対応が要求されます。

≫ レガート関連解説≫4Way的練習関連解説


● ページ内容

§1.8th Feel Funk
 1-1.基本のリズムパターン
 1-2.バリエーション「フロア刻み」
 1-3.バリエーション「ハット4分刻み」
 1-4.アプローチスタンスとオーケストレーション方法
 1-5.その他、楽曲スタイルごとの派生型バリエーション
  1-5-1.オールディーズ
  1-5-2.SD4発
  1-5-3.ツーバスHR/HM
  1-5-4.シェイク?
 
§2.16th Feel Funk
 2-1.基本のリズムパターン
 2-2.バリエーション「シングル(ハンド)16ビート」
 2-3.バリエーション「16分をすべてHHで切らずに8分HHを基準に組み立てる場合」
 2-4.16分系のオーケストレーション方法
 2-5.その他、楽曲スタイルごとの派生型バリエーション
  2-5-1.イーブンなレガート
  2-5-2.BD 2,4
  2-5-3.HHウラのディスコ
  2-5-4.パラディドル的
 
§3.6/8 Rhythm & Blues
 3-1.基本のリズムパターン
 3-2.バリエーション「3連8分音符のひとつをさらに2つに細分化」
 3-3.バリエーション「3連8分音符のひとつをさらに3つに細分化」
 
§4.Shuffle
 4-1.基本のリズムパターン
 4-2.ファーストテンポのブギ
 
§5.Half Time Shuffle , Shuffle Funk
 5-1.基本のリズムパターン
 5-2.バリエーション「シャッフルファンク」
 
§6.Swing Feel Jazz
 6-1.基本のリズムパターン
 6-2.バリエーション「HHレガート」
 6-3.ジャズ系アンサンブルでの演奏アプローチ
(サイトイメージ)

広告

(サイトイメージ)

Copyright RGW. All Rights Reserved. , ≫サイトトップ
RGW  (サイトイメージ)