RGW   

基本的奏法

2003-6 , 2008-7-12更新

§ ▼4つの基本的なショット腕の使い方シングル、ダブルストローク基礎練習法フットワーク

ドラムセット演奏においてスティックを扱う場合の基本的なショットの方法と基礎的練習法についての解説です。またペダルを踏むときのフットワークも併せて解説します。

■ §1. 4つの基本的なショット

§§ ▼ルーディメンツ由来の4種の基本ショット法フルストロークダウンストロークタップストロークアップストローク

● 1-1. ルーディメンツ由来の4種の基本ショット法

現在広く普及しているドラムセットプレイでは軍楽隊などのマーチングドラムからの流れである「ルーディメンツ」と呼ばれる基礎ワザが使用されています。ショットの基本は「ルーディメンツ」の最も根幹を成す部分ですので確実にマスターするようにしましょう。

ルーディメンツでは「アクセントショット=大きい音」と「ノンアクセントショット=小さい音」を明確に区別します。これを表現するために4種類のショット法が存在します。また、ショットの直前にスティックを構える位置をレディーポジションといいます。レディーポジションはハイとローの2種を使い分けます。ハイポジションは丁度振りかぶった状態でスティック角度が80度程度の位置、ローポジションはスティック角度はほぼ水平でチップがヘッドから約1インチの高さにある状態をいいます。

● 「フルストローク」

【アクセントショット】、【ハイポジション ⇒ ハイポジション】
アクセントのためのショットです。ハイポジションから振り下ろしてショットし、リバウンドを殆ど殺さずに元位置のハイポジションに戻します。

● 「ダウンストローク」

【アクセントショット】、【ハイポジション ⇒ ローポジション】
同じくアクセントショットです。ハイポジションから振り下ろしてショットし、リバウンドをコントロールしてローポジション位置に戻します。

● 「タップストローク」

【ノンアクセントショット】、【ローポジション ⇒ ローポジション】
ノンアクセントのショットです。ローポジションからスタートして同じローポジションに戻します。ちなみに俗にゴーストノートと呼ばれるごく小さい音もノンアクセントショットのひとつです。

● 「アップストローク」

【ノンアクセントショット】、【ローポジション ⇒ ハイポジション】
同じノンアクセントのショットですがローポジションからスタートしてショット後ハイポジションまで戻します。出音はタップストロークと変わりません。

これらのスティックの戻り位置は次のショットに繋げるためのものです。即ち、戻り位置が次ショットのレディーポジションとなります。

たとえば4/4拍子16分音符で拍アタマにアクセントを置いた「R l r l R l r l …」の手順 (アクセント:大文字、ノンアクセント:小文字) を続けるとしましょう。この時のストロークは「右ダウン、左タップ、右アップ、左タップ」を繰り返し続けることとなります。「R l R L R l R L …」では「右フル、左アップ、右フル、左ダウン」の繰り返しです。紙面に表現するとややこしいように感じますが実際にやってみれば非常に合理的ですぐに納得出来ると思います。

※なお初心者の方に念押しですが、ドラムセットプレイで使用される奏法はなにも上記がすべてというわけではないですので勘違いしないよう注意です。この4種のショットはルーディメンツベースの奏法に対して比較的重宝するという理由から広く取り入れられているのだと考えておけばいいでしょう。


■ §2. 腕の使い方

§§ ▼ストローク動作について

● 2-1. ストローク動作について

一般的な通説ではフレーズのスピードが増すに従い「肩 ⇒ 肘 ⇒ 手首 ⇒ 指」というふうに使う場所を変えてショットをするといわれています。初心者の方むけにあえて解説すると、一例として16分音符を演奏するときにテンポが60以下あたりで肩、肘、手首、指すべて使用、60以上で肘、手首、指、120以上で手首、指、180以上で指を使う、といった感覚なのですがあくまで指標であって絶対ではありません。(私見で言わせて貰えばこんな短絡的な分析など意識するだけプレイに毒だと思うのですが。)

実際には中指、薬指、小指の3指はスピード関係なく常にリバウンドコントロールに使い、さらに色づけを狙っていろんなショットを織り交ぜるためこのセオリーを厳密に気にする必要はないでしょう。現実に我々が為すべきは「表現としての音を奏でること」なのであり、こういった方法論そのものを厳格に再現するのが目的ではないので冒頭のようなショット動作の捉え方もあくまで一説にしか過ぎないことを念頭に望みましょう。じつのところは自分で良いと感じる音をストイックに目指していれば自然に良いショットが出来上がっていく気がしていますし、それは自身の経験でもあります。私の場合はいつでも腕全体を使うつもりの奏法なのでこの基本ストロークからはかなり外れているはずです。

スピードが上がればメインで使う部分は自然と腕の先端よりになってきます。無理に意識せず「ショットはいつでも腕全部を使用する」と思っておけば自動的にセオリーに沿ったショットをせざるをえない状態になるでしょう。ポイントはスティックを腕の延長として自分の体の一部のように使えるかどうかです。私はいつも「タコの腕になった気分」で演奏するように心がけています。

レギュラーグリップ左の場合も同様のイメージで良いと思います。3指でのコントロールが主には親指、中指、さらに微妙に人差し指と手首の一連の動きに替わるだけなので感覚さえ掴めば支点のグリップを活かせるこちらのほうがむしろ易しいかもしれません。(誤解の無いよう念を押しておくと、ついこの「親指−人差し指の特殊支点グリップ」に気をとられがちなレギュラーグリップといえども奏法のメインを担うのはやはり圧倒的に腕全域連携のアクションのほうです。マッチド、レギュラーともに十分習熟した状態では特に差はないと思います。)

また必要最小限にチカラを使うのも重要です。美しい音を得るためと無駄なエネルギー消費を節約するためにリラックスした状態を保ちリキんではいけません。最初のうちはこの感覚がわかりづらいでしょうが、見た目にスティックはしっかり握っているようでじつは全然ゆるゆるにグリップしています。逆にいくら力むなといっても見た目までゆるゆるガクガクではまだ駄目です。スティックと常に自然に一体化した感覚になるまで練習を積みましょう。コントロールのカギはヒットよりもリバウンド処理にあります。何度も繰り返しますがバスケのドリブルのイメージです。「バスケでの手首の動き」=「マッチドでの3指の動き」です。


■ §3. シングル、ダブルストローク

§§ ▼シングルストロークとダブルストロークダブルストロークの奏法※ オープンロールとクローズド(プレス、バズ)ロール

● 3-1. シングルストロークとダブルストローク

俗にひとつ打ちと呼ばれるものがシングルストローク、ふたつ打ちがダブルストロークです。

● シングルストローク

一回の振り下ろし動作で一回のショットを行うごく当たり前のショット法をこう呼びます。あえて手順を示すと、
【R L R L R L R L R L R L …】
という普通の左右交互打ち(オルタネイトスティッキング)で使われるものです。この連続左右交互打ちのフレーズをシングルストロークロールと呼びます。プレイすべてにおいての基本ショットといえるでしょう。

● ダブルストローク

一回の振り下ろし動作で二回のショットを行うものです。シングルに対してダブルストロークロールの手順は、
【R R L L R R L L R R L L …】
となります。(オープン)ロールと呼ばれるスネアの「ダラ リラ リラ リラ…」と聞こえる奏法で耳にしたことがあると思います。通常単に「ロール」といえばこちらのダブルストロークロールのことを指します。このダブルストロークのマスターは初心者の最大の難関ともなりますがプレイの上ではどうしても必要なものです。

● 3-2. ダブルストロークの奏法

一般の通説では一打目はリスト(手首)ショット、二打目はフィンガー(指)ショットで行え、のようにいわれていますが実際は違います。一打目も二打目も腕のすべての部分を微妙なバランスで使い滑らかな動作を実現させます。一打目はリストショット、二打目はフィンガーショットの「ように見える」のはあたっています。たしかに結果としての動作はそうですがショットで使う部分は程度の差はあれ全部です。

私の考えるダブルストロークのコツは「とにかく二回打て」です。自身の気分的にはシングルストロークとの区別はあまりなくダブルは素早くシングルを二回打つだけの認識です。方法はなんでも良いのでとにかく美しい音で素早く二打する訓練を重ねれば合理的なショットが身に付くはずです。

やや説明が前後しますがルーディメンツのうちでパラディドル系フレーズで使用のふたつ打ちは低速なのでシングルを二回打つ感覚、ロール系フレーズは高速のダブルを使うのでフィンガーストローク主体の感覚になります。具体的にはだいたいテンポ120の32分音符以上でフィンガー主体になってきます。(敢えてこう表現していますが、実際の感じはフィンガー部使用率8割といったイメージ) しかしこのスピードで実際の曲演奏中に連続でロールを続けることは比較的少なく、シングル二発感覚で演奏する低速フレーズの方が圧倒的に多く出てきます。セオリーはあまり鵜呑みにせずどのようなスピードにも対応できるよう柔軟な姿勢で捉えておきましょう。

ダブルストロークの大半はノンアクセント二打で使用されますが、実際の演奏時には二連発アクセントショットも出てきます。アクセント+ノンアクセントの二打やまたその反対も以外と多くプレイされ、さらにトリプルストロークや四つ打ちも頻繁に使います。したがってセオリー通りの単純な手首や指の使用法だけでは対応しきれません。私はあまり深く考えずやはり「とにかく二回打て、三回打て、四回打て」をモットーに対処しています。

レギュラーグリップ時の奏法ですが私はダブル、シングルの区別無く同じショットで対応しています。当然スピード追求時の二打目は手首から先が主体になりますがあまり意識していません。私はやりませんが、手の甲をやや上向きにして人差し指、中指を下向きにバウンドさせるダブルの奏法もあるようです。

ダブルストロークを行う上ではリバウンドの制御能力がとてもシビアに問われることになります。スネアだけでなくシンバルからフロアタムまでどんな弾性の違いがあろうとも打てなくてはなりません。スピードも32分音符でテンポ100以上は確保しないと実際のプレイには満足に対応できないでしょう。まがりなり程度に修得するだけでも軽く一年程度は要するでしょうがとにかく練習あるのみです。

● 3-3. ※ オープンロールとクローズド(プレス、バズ)ロール

少し前述しましたが32分や64分音符程度の比較的高速な連打をロールといいます。マーチングなどでは粒立ちをハッキリさせるためロールにはダブルストロークのみが用いられ、これを「オープンロール」と呼びます。対してクラシックなどでみられる「ザーー」というスネアの粒の見えないロール奏法を「クローズドロール」と呼んでいます。

クローズドロールはショット直後にチップをヘッドにやや押しつけるようにしヘッド上を転がす感じでリバウンドさせ音を創ります。その奏法からプレスロールとも呼ばれます。通常のショットとはかなり違っていて「ザーー」と切れ目無く続いた感じを出すために左右のショットを微妙にダブらせて演奏し継ぎ目をカモフラージュします。意識する符割も3連符や32分、16分、さらに全く意識しない時など場合によりけりで様々です。

3指もあまり使わずスティックを挟んだ支点でコントロールする場合が多いようですが、フレーズによったり、ヒトそれぞれで微妙に違いがあり奏法の明確なセオリーは無いように思います。また非常に高速に音の粒を拾う場合もあれば完全に押しつぶすときもあります。とにかく目的の音が出せればよいので自分なりに追求しましょう。ショット時のフォームも犬かきのような手の動きと形容されますが結構独特な奏法となりますので実際の映像を教則ビデオなどで確認してみて下さい。

ルーディメンツの基礎部分ではクローズドロールは一切使用されませんが、実際の演奏ではルーディメンツ以外の技術も要求されるのでこちらもマスターしておくことをお薦めします。ちなみにコツさえ掴めば技術的には比較的簡単で、むしろチューニングなどスネア自体のコンディションのほうが出音に激しく影響します。


■ §4. 基礎練習法

§§ ▼スピードの無段階加減速ダイナミクスの無段階チェンジアップ音符のチェンジアップアクセント移動※ メトロノームの使用法

練習といえば入門段階の方はとかくスピードの追究に目を奪われがちでしょう。しかし上達に直結する練習のポイントは正確性とダイナミクスコントロールの鍛錬にあります。一般にもいわれていて私も納得できる普遍的なセオリーは「非常に遅いテンポから始めて確実にショットをモノにしていく」ということです。また練習では「つねに苦手なことをやる」のが良い結果を生みます。その時点で可能な低速の限界と高速の限界、さらに私ならTempo=65、90、115、145あたり(これには個人差がありますが)の微妙でやりにくいミドルテンポを集中して攻めていくと効果的です。

● 4-1. スピードの無段階加減速

シングル、ダブルともに連続16分音符のロールを想定してテンポのみを加速減速させる練習です。テンポ30ぐらいのゆっくりから始めて徐々にテンポを早くし自分の限界のスピードになったら暫くそのピークをキープした後今度はテンポを落としていきます。この 「遅 ⇒(アッチェレ)⇒ 速 ⇒(リタルダンド)⇒ 遅」 の一連の動作に30秒以上はかけるようにしましょう。音量は常に一定をこころがけ、またピアニシモからフォルテシモまでそれぞれの音量ごとに練習してみましょう。当然ですがスピード変化なのでこの練習のみメトロノームは使えません。使うのはピークテンポの確認ぐらいです。

● 4-2. ダイナミクスの無段階チェンジアップ

音量のチェンジアップです。同じくシングル、ダブルともに連続16分音符のロールを想定します。テンポ一定の 「ピアニシモ ⇒(クレシェンド)⇒ フォルテシモ ⇒(デクレ)⇒ ピアニシモ」 でこちらは常時メトロノームを使用します。テンポのバリエーションも低速の限界から200あたりまで幅広く、まんべんなく練習しましょう。最初のうちは無理のないテンポで正確にコントロールする感覚を養うことが重要です。特に超低速テンポでの練習は効果的ですので遅いからといって舐めてかからないように。また、何度も繰り返しますが音量はチカラではなくショットのスピードで確保します。この基本は常に忘れないようにしましょう。

さらにこれと同時にテンポ、音量共、「常に一定」をひたすらキープする練習も重要です。左右交互だけでなく右だけ、左だけ、はたまた左右交互でも右スタート、左スタート、また手と同様左右の足でも同じように練習できると思います。この最も基本的な練習でも数多くのバリエーションが考えられます。

● 4-3. 音符のチェンジアップ

通常チェンジアップと呼ばれるのがこれです。 全音符 ⇒ 2分音符 ⇒ 4拍3連符(3連2分音符) ⇒ 4分音符 ⇒ 2拍3連符(3連4分音符) ⇒ 8分音符 ⇒ 1拍3連符(3連8分音符) ⇒ 16分音符 ⇒ 1拍6連符(3連16分音符) ⇒ 32分音符… という感じで演奏音符をチェンジさせていく練習です。切り換えタイミングも1小節おきや4小節おきなど自由に設定してみましょう。また32分音符から逆にたどることもしてみましょう。他にも自由な発想で各自応用させてみて下さい。

● 4-4. アクセント移動

たとえばノンアクセント16分音符をひたすら続けるなかで、任意の位置に自由にアクセントショットを入れていく、といった練習です。アクセント位置を意のままにコントロールすることを目的に行いましょう。前述の4種の基本ストロークをモノにするには最適の練習です。

● 4-5. ※ メトロノームの使用法

基本は4分音符を鳴らして使用します。まずはタイミングに完全にシンクロさせることから始めましょう。パッドやスネアでの演奏でアタマ拍にあたる4分位置の音がピッタリ合えばメトロノームの音が消えて聞こえます。このジャストのタイミングにコントロールできるようになるまで頑張りましょう。

次の段階はメトロノームに対し意図的に前後にごく微妙にずらすトレーニングに入りますが、これはかなりの上級者レベルの課題ですので初期はあまり考えなくてよいかもしれません。究極には正確なタイムをキープしてそのタイムのなかで自由にヒット位置をコントロールできるのが目標です。これが機械的でないビートを生み出すための必須練習となります。なお誤解の無いよう補足ですが「機械的でない」といっても「正確な全体タイムを崩すこと」ではありません。タイムキープ&コントロールは常に大前提です。

メトロノームになれてきたら4分のウラ=8分の2,4,6,8拍で鳴らすことにもチャレンジしてみましょう。さらに3連符の真ん中やケツでとってみるなど練習のアイデアは無限です。また安価な専用機では無理ですが出来ることなら使用するクリックの音色は「カウベル」がベストだと思います。


■ §5. フットワーク

§§ ▼ヒールアップ奏法ヒールダウン奏法筆者流、中間奏法ヒット後のビーター処理ハイハットの踏み方

まずBDフットペダルの踏み方の通説二種類を解説します。

● 5-1. ヒールアップ奏法

つねに踵を持ち上げた状態でつま先部分を使ってペダルを踏みます。踏み位置はフットボードの前後ほぼ中央、ダブルストローク使用時にはスライド奏法に瞬時に対応できます。スライド奏法とは一打目のリバウンドをつま先の前方へのスライド踏み込みで制御して二打目をヒットするふたつ打ちの技術です。ヒールアップでは脚全体の上下動をストロークに活用できるためパワーヒットに向くといわれています。

● 5-2. ヒールダウン奏法

つま先から踵までベッタリとペダルに着けるようにして踏む奏法です。踏み位置もフットボードいっぱいに足を置くのではなくヒールアップ同様ボードのやや手前位置を踏む感じとなります。ペダルによっては踵がボードからはみ出して床に着いてしまう場合もありますが気にせずプレイしましょう。主にくるぶしの関節を用いてちょうど手のリストショットに近い動きでショットします。ダイナミクスの表現が容易でボサやサンバキックなどで使われることが多いですが、反面パワーは出しにくいといわれます。


実際の演奏では上記のふたつとも使用するので両方のマスターが必要です。またヒールダウンの鍛錬は足首のコントロール能力が鍛えられるためすべてのフットワークに好影響をもたらします。ヒールアップで悩んでいる諸氏には逆にヒールダウントレーニングを是非お薦めします。さて、じつは私はこのふたつの中間ともいえる踏み方をしています。過去私の踏み方と同様の解説を見かけたことがありませんのでお薦めするのが果たして良いのかどうか迷いますが、参考までに紹介しておきます。

● 5-3. 筆者流、中間奏法

まず、ヒールダウンの状態になるようボードに足を置きます。この状態で踵を微妙に浮かせた状態が私のレディーポジションです。足の裏は踵のみがペダルから微妙に離れていて土踏まず横の部分は付かず離れずの感じです。これを股、膝、くるぶし、指関節を自然に使い素直に踏み込んで演奏するのが通常多く使う奏法です。

踏み込み開始時にはヒールアップ状態ですが、くるぶしと指関節の動作比率が結構高い感じでアクション全体ではヒールダウンに近いと思います。ヒット瞬間には足の裏はかなりベッタリとボードに付いていてリバウンドも足の裏全体でコントロールします。さらに加えてフレーズ次第でヒールアップ、ヒールダウンのポジションへ瞬時に移行して演奏することも多いです。ただスライドダブルは直後のリバウンド処理にタイムラグが生じるのを嫌って滅多に使いません。

基本のコンセプトは「腕と同じストロークの体現」ですが、腕の技術を移植する感覚で練習していたら勝手にこのような奏法になってしまったというのがホントのところです。とりあえず特に不利な点も見当たらないようなので私の奏法もアリだと自負しています。

● 5-4. ヒット後のビーター処理

基本は普通にリバウンドに逆らうことなくショット開始位置にまでビーターを戻す奏法(オープンショット)です。またミュート効果や若干のベンド効果を得るためにヒット後ヘッドにビーターを押しつけたままにする奏法もあります。ニュアンスの違いを出すため使い分けますが、ふたつともを自在に操れるようにしておきましょう。現実の曲演奏ではどちらも頻繁に使用します。

RockやFunkなどのオンビート(強拍)位置などでは押しつけ奏法、Jazzのフィルイン(おかず=合いの手フレーズ)やボサノバなどでオープン奏法多用の傾向ですが、決まりはありません。あまりとらわれずに自分の欲しい音で自由に使い分けましょう。


● 5-5. ハイハットの踏み方

基本的にBDペダルと変わりはなく同様の踏み方をすればよいと思います。一般にはヒールアップのみで踏んでいる方が多いようですが、奏法の幅を追求するにつれBDと同様のフットワークが要求されます。

初心者の方向けに奏法を少し解説しましょう。ハイハットクローズ音と呼ばれる「チッ」というスティックヒット音を出す場合はペダルを踏みっぱなしでクローズさせた状態を保ちます。チップでHHトップのライドエリアをヒットして音を出します。このときの踏み加減でヒットクローズ音を「ズッ」とか「ジェア」とかに変化させることが可能です。さらにエッジをショルダーでヒットするクローズ音もありこれはHHフレーズ中のアクセント音としてよく用いられます。

ハイハットオープン音は俗にハーフオープンと呼ばれる状態に開いてHHトップシンバルのエッジをショルダーでスティックヒットします。ハーフオープンとはHHをわずかに開いて、ヒットすると揺れでトップがボトムに接触する程度の間隔をいいます。この開き具合も欲しい音に応じて変化させます。

ハイハットヒットクラッシュもハーフオープンで行います。ハイハットヒットクラッシュとは単にHHヒットでクラッシュやシンバルロール(クローズド)音を出すだけのことですが、音の長さをもコントロールできる優れワザです。ちなみにHHを完全フルオープンで使用することは滅多になく、HHトップを単体シンバルとみなして演奏する場合だけに限られます。頻度は極端に低いですがその代表的なものは、カップをHHオープンで鳴らす、ライドエリアをチップでシンバルロール、スティックボディでのエッジ垂直ヒットなどです。

スティックでヒットしない足踏み奏法も重要です。まずはオープンからの踏み込み時に出る「チッ」というチップ音が最も多く活用されます。ハイハットフット音といえばこのフットクローズ音を指すようです。またオーケストラの合わせシンバルと同じ要領でクラッシュさせるフットクラッシュもよく使います。このフットクラッシュを表現力豊かにコントロールするには微妙なヒールダウン的テクニックが要求されます。さらにフットクローズとフットクラッシュを組み合わせて「シャーツッ、シャーツッ」というJazzレガート的フレーズも左足のみで演奏されることがあります。


(サイトイメージ)

広告

(サイトイメージ)

Copyright RGW. All Rights Reserved. , ≫サイトトップ
RGW  (サイトイメージ)